コバやんの食から幸福を創造するブログ

食は「人に良い」ものであり、私たちが生きていくためには必須のものです。ただ食べるのではなく、「栄養に優れていて、美味しいものを食べたい!」の心の奥底からの叫び声が出てきた・・・そんな”あなた”の声に応えたブログです

闘病中の3歳児を勇気づけた●●とは!?

あなたは、闘病中の3歳児を勇気づけた●●の

物語を知ってますか?

 

この物語を知った、あなたは感動します。

 

 

 

あるストーリーとは…

 

 

難病と闘う3歳児の物語です。

 

 

闘病中の3歳は矢野秀虎(ひでとら)君です。

秀虎君は生まれた時から難病と闘っています。

 

定期的に輸血をしないと命を保てません状態にあるのです。

苦い薬や痛い注射に向き合うとき、「仮面ライダーゴーストになるんだ!」

と変身ベルトを着けて勇気を出します。

 

ある日、そんな秀虎君にゴーストからメッセージが届きました。

きっかけは、母親がつぶやいたツイッターへの投稿でした。

 

             
            人生の3分の1を病院で

 

東京都立小児総合医療センター(府中市)。

秀虎君はここの病室にいます。

 秀虎君は生まれつき、ダイアモンドブラックファン貧血

という難病を抱えています。

 

骨髄の異常で体中に酸素を送る赤血球を作れません。

 

3週間に一度、入院して輸血を受けないと貧血が進み、命の危険があります。

 

入退院を50回以上繰り返し、人生の3分の1を病院で過ごしてきました。

完治するには骨髄移植しか道がありません。

 今年1月、ドナーが見つかり、移植に向けて無菌室での治療が始まりました。

 

薬の副作用で髪の毛が抜け、高熱が出ました。食べたものを吐いたり、

下痢になったり。ベッドにぐったりする日も多くなりました。

 

薬や注射の前には30分以上泣きわめき、なかなか治療に入れないこともありました。

 
 
           苦しんでいる秀虎君に力をくれたゴースト

 

そんな秀虎君に力をくれたのが、ゴーストでした。

 ゴーストは昨年10月からテレビ朝日系列で放送が始まった

仮面ライダーシリーズ。

 

「眼魂(あいこん)」と呼ばれる15個のアイテムをそろえると

願いがかなうというストーリーです。

 秀虎君は、病気と闘う自分をゴーストに重ねました。

苦手な薬や痛い注射の前に、必ず「ちょっと待ってね」と言って、

おもちゃのベルトを装着。

 

母の菜津美さん(36)が手作りしたゴースト柄の上着をまとい、

「ゴ、ゴ、ゴ、ゴースト!」。

ゴーストに変身して、立ち向かうようになりました。

 「狭い病室で友だちもいない息子が頑張る理由がみつからない。

自分がゴーストになりたいということが目標になって、

もう頑張れないという時の希望になった」と菜津美さんは話します。

 

 

             きっかけはツイッター

 

移植を終えて約1カ月過ごした2月11日、無菌室を出ることが決まりました。

 

その日の夜、菜津美さんはツイッターに書き込みました。

 「ベッドの上に横になるだけの日々の息子に、

ゴーストは本当に力を与えてくれました。

ありがとう 仮面ライダーゴースト!」

 子どもの病気を友人に話せば心配をかけてしまう。

 

匿名のツイッターなら、誰にも心配をかけず、素直な気持ちを出せました。

 このつぶやきを、ゴーストを演じる俳優の西銘駿さん(18)が目にしていました。

 

「ゴーストが子どもに夢や希望を与えられることを実感した。うれしくて涙が出ました」と、西銘さんは当時を振り返ります。

 事務所から個人にメッセージを発信することは禁じられていましたが、

思わず自分のツイッターに書き込みました。

 「身内にこのツイートを見せてもらい、本当に今まで仮面ライダー

一生懸命やっててよかったなと思いました。

闘病生活辛いと思いますが、辛くなくなるくらいテレビで頑張りますので、

これからも応援よろしくお願いします!!」

 

 

           無菌室へビデオメッセージ
 

この二人のやりとりはネット上でも話題になり、

テレビ朝日が朝の情報番組で取り上げました。

 

番組スタッフが、西銘さんのビデオメッセージを手に

秀虎君の病室を訪れました。

 「ひでとらくん! こんにちは。げんき、もらいました」

 憧れのヒーローにそう呼びかけられ、秀虎君は少し照れながら母に抱きつき、

笑顔を見せました。小さな声で「ゴースト」と呼びかけ、手を振りました。

 番組スタッフが病室を出ると、母に「やったあ、やったあー」と

うれしそうに繰り返しました。

 

「まるで奇跡。病気に立ち向かう勇気をもらいました」

菜津美さんは言います。

 骨髄移植の結果は、まだ分かりません。

良い知らせが来ることを祈るようにして待つ日々です。

 「いままでのべ68人の方から輸血用の血液をいただいてきました。

そんなみなさんから頂いた命。

ヒーローになりたいという願いを、かなえてやりたいです」。

菜津美さんは、力強く語りました。

 

難病中の秀虎くんを勇気づけた「ゴースト」

 

これからも、病気や悩みと必死に闘う

子どもたちに力を与えてくれるでしょう。