読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コバやんの食から幸福を創造するブログ

食は「人に良い」ものであり、私たちが生きていくためには必須のものです。ただ食べるのではなく、「栄養に優れていて、美味しいものを食べたい!」の心の奥底からの叫び声が出てきた・・・そんな”あなた”の声に応えたブログです

ビジネスマン必見!前編①

 

普段、食事は誰と共にしてますか?

 

同僚や上司と食事をとる人、

孤独のランチをする人

 

人それぞれだと思います。

 

 

しかし…

 

「ぼっち食」と「誰かと食事」の一挙手一投足を観察すると

意外な事実が…

 

すっごく気になりますね。

 

その意外な事実とは何でしょうか?

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

こうして軽減していた「誰かと食事」の心理的負担

 

お勤めの方は、平日の昼食に誰と食事をしているだろうか。

職場の同僚とともにという人、上司と営業先で2人でという人、

あるいは1人でという人・・・。

 

“昼食の人事”はさまざまだ。

 

NTTコムリサーチが2012年に20代以上の人に実施した調査では、

平日の昼食は「1人で」という回答が約半分で、

「同僚・上司とともに」が約3割だったという。

 

1人でとる食事は「孤食」とよばれ、

ほかの人ととる食事は「共食」とよばれる。

 

これらの言葉があるのは、それだけ人びとが

「誰とどう食事をするか」に関心がある現れともいえるだろう。

 

孤食は気楽だけれどちょっとさびしい。

 

かといって共食はさびしくないけれど話しながら食べるのはちょっとたいへん。

そんなことを日々感じている人もいるのではないか。

 

そんな孤食や共食の最中に、人が具体的にどんな行動をとっているかを

分析している研究者がいると知って話を聞くことにした。

 

応じてくれたのは、東京電機大学インタラクション研究室研究員の徳永弘子氏だ。

 

孤食と共食における人の食事行動の仕組み

といった研究論文を発表している。

 

前篇では、徳永氏の研究内容を聞き、孤食と共食それぞれで、

人がどんな行動をとっているのかを聞いていきたい。

 

昼食を含め「食事のとりかた」を見つめなおす機会が

得られるかもしれない。

 

後篇では、ビジネスマンの昼食のとりかたについて、

行動分析の見地から心がけたいことや現実的な問題・悩みへの

助言を聞くことにする。

 

食事中の人の会話、身振り、視線を分析

――「食事における人の行動」を分析されているそうですが、

どういった経緯でこの研究は始まったのでしょうか。

 

徳永弘子氏(以下、敬称略)

私が所属する東京電機大学のインタラクション研究室では、

おもに人のコミュニケーションを研究対象としています。

 

研究室の師である武川直樹先生(東京電機大学情報環境学部教授)が、

「そもそも口は1個しかないのに、その口で人は食事のとき

食べることと話すことを両方をこなしている。

 

この行動を分析するのは面白そうだね」と着眼したのが

この研究の始まりでした。

 

それを私が引き継いで、食行動全般の行動を対象に研究しています。

 

 

――実際に、どのように研究をするのですか。

徳永 例えばテーブルに、カレー、スープ、サラダ、ミネラルウォーターなどの

食べものを置いて、実験協力者に食事をとってもらい、

その場面をビデオカメラで撮影して記録していきます。

 

そして、ビデオ録画を見て、それぞれの人が、なにを話しているのか、

話し手になっているのか受け手になっているのか、手の動きはどうか、

視線はどこを向いているかなどを、時の経過ごとに書き込んでいきます。

 

こうして、書き込んだものをエクセルの表で整理して統計的に処理し、

行動の傾向を分析します。これが「量的な分析」にあたります。

 

被験者の人数は、3人での場合が多いですが、

2人のときや1人だけのときの食事行動も分析します。

 

また、食事中に重要と思える動作があれば、それも分析対象にして

「質的な分析」も行います。

 

このように、量的な分析と質的な分析の二本立てで研究しています。

 

 

前編②に続く……