読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コバやんの食から幸福を創造するブログ

食は「人に良い」ものであり、私たちが生きていくためには必須のものです。ただ食べるのではなく、「栄養に優れていて、美味しいものを食べたい!」の心の奥底からの叫び声が出てきた・・・そんな”あなた”の声に応えたブログです

ダイエット効果抜群・酵素の驚くべきパワー

異性の目を惹きつけたい、ぽっちゃりボディのあなた。

本気で、そのカラダのまま夏を向かえようと

してるのですか?

 

もしそうだとしたら、超危険です。

 

でも、今ならまだ間に合います。

 

危険を感じた今こそ、本気のダイエットを始める

絶好のチャンスです!

 

 

運動はキライ、食事制限は嫌だ。

 

だけど、楽してダイエットしたい。

 

そして、夏には今よりも-10kg痩せて

スリムな魅惑ボディで、異性を悩殺したい

 

と思ってる人は必読です!

 

あなたの望みを叶える

ダイエットに効果抜群の○○があります。

 

 

その○○知りたくありませんか?

 

知りたいと思う、あなた向けにお教えします。

 

 

その○○とは…

 

酵素

 

です。

 

 

酵素とは

 

酵素は食べ物の消化を始め、皮膚の新陳代謝、血液の循環など

体のあらゆる働きに関わっています。

 

酵素が不足すると、すぐに体調に現れます。

 

やる気が起きない、消化不良、肌の不調なども酵素不足が

原因の可能性があります。

 

健康的で若々しい生活のためにも、酵素は重要な鍵を握っています。

 

普段の食事で取る栄養も、それだけでは体の中できちんと働きません。

 

酵素があって初めて栄養がエネルギーに変わるのです。

 

わかりやすくガスコンロに例えますと、食事からとる栄養がガスで、

酵素がマッチの火です。

 

この2つが力を合わせて、はじめてガスコンロ=消化や新陳代謝などの

人間の生命活動に火がつき、栄養がエネルギーとなり体の中で

きちんと働きます。

 

酵素が無くなれば、栄養がエネルギーに変わることが出来なくなります。

 

酵素は生命活動を司る、重要な中継点であり、司令塔でもあります。

 

 

人間に関わる3つの酵素

 

酵素を大きく3種類に分けています。

 

人間の体内にある「消化酵素」と「代謝酵素」、

そして食物に含まれる「食物酵素」です。

 

消化酵素はその名の通り食べたものを体が吸収しやすいように

消化するためのものです。

 

たとえば、ご飯などに含まれるデンプンを分解するのはアミラーゼ、

肉などのたんぱく質の分解はプロテアーゼ、脂肪の分解にはリパーゼ

という酵素が働いています。

 

これら消化酵素の働きにより、分解された栄養素は小腸で吸収され、

体のためのエネルギーとなります。

 

消化酵素によって栄養素がエネルギーになったら、

それを体の中で働かせるのが代謝酵素です。

 

運動、呼吸、脳での思考、老廃物の排出、ウィルスと戦う

肌の新陳代謝など、人間の生命活動のあらゆるシーンで

無数の代謝酵素が働いています。

 

健康のためには消化酵素を節約し、代謝酵素の量を増やすことと、

代謝酵素の働きをサポートする栄養素が必要です。

 

そのためには、「食物酵素」の力を借りることが大切です。

 

新鮮な生の野菜や果物・お刺身、また納豆や味噌などの

発酵食品に含まれる食物酵素は、消化を助け、

体内の消化酵素の無駄遣いに歯止めをかけてくれます。

 

お寿司や生の果物を食べた後、お腹がすぐにスッキリするのも、

食物酵素が消化を助けているからなんです。

 

消化酵素が節約されれば、その分、代謝酵素に余裕ができ、

新陳代謝や病気の予防、解毒といった営みが活発になります。

 

その結果、代謝力アップで痩せやすくなる他、お肌の調子が良くなったり、

胃腸の調子が良くなるなど、体が好循環になります。

 

 

手軽に酵素を摂るには

 

手軽に美味しくとれる酵素のレシピといえば、

新鮮な果物や野菜をミキサーにかけて作るフレッシュジュース

があります。

 

作りたてをすぐ飲めば、食物酵素もビタミンやミネラルも

豊富にとれます。

 

酵素は体の生命活動のあらゆる部分に関わる重要物質ですが、

その酵素の働きを助けるのが「補酵素」です。

 

補酵素とは主にビタミンやミネラルなどの栄養素のことです。

 

特に重要なのがビタミンB群。ビタミンB2はダイエットに欠かせない

脂肪をエネルギーに変える酵素活動をサポートし、

納豆やブリなどに含まれます。

 

また、一時期ブームとなった、CoQ10コエンザイムキューテン)も

その名の通り補(Co=補う)酵素=Enzymeのことです。

 

ビタミンQ10とも呼ばれ、レバーやマグロに含まれます。

 

体のエネルギーを作り出す酵素活動をサポートします。

 

いずれにせよ、加工食品よりも新鮮な食材を多く摂ることが大切です。

 

コンビニ食や冷凍食品、揚げ物は控えめにしなければなりません。

 

 

酵素を効率よく摂れる、ちょっとした工夫

 

新鮮な生の野菜や果物、お刺身、また、味噌や納豆、お漬け物などの

発酵食品に酵素はたくさん含まれますが、一手間かけることで、

同じ食材でも体に取り入れられる食物酵素の量と働きを高めれます。

 

 

手軽に酵素活性化できる、生の野菜や果物の”すりおろし”

 

生野菜や果物に含まれる酵素を、さらに無駄なく効率よくとる方法が、

皮ごとすりおろすことです。

 

消化吸収が良くなるだけでなく、酵素を残さず取ることが出来ます。

 

すりおろすことによって、野菜や果物の細胞が壊され、

酵素が細胞の外に出てきて、活発に働くのです。

 

すりおろす野菜といえば思い浮かぶのが”大根おろし”です。

 

大根に含まれる、ジアスターゼ(デンプン質を分解する酵素)や

脂肪やたんぱく質を分解する酵素は、先端部分や皮付近に多く含まれます。

 

だから、焼き魚と相性がピッタリなんです。

 

焼き肉とおろしポン酢なんていうのも、やはり消化を良くするための

意味のある組み合わせです。

 

野菜や果物の栄養成分表というものがありますが、

あれは皮の部分を含めたものです。

 

大根に限らず、皮などの普段捨ててしまう部分に、酵素やその他の

栄養成分がたくさん含まれていることが多いのです。

 

ニンジンやタマネギなども、コレステロール中性脂肪を抑え、

動脈硬化などの生活習慣病を防ぐ酵素が含まれています。

 

これらもすり下ろして食べると、さらに効果的です。

 

すりおろすと、野菜や果物に含まれる食物酵素が活性化されて、

 体内での酵素の働きが2倍にも3倍にもなることが分かっています。

 

病気の時に、リンゴのすりおろしのジュースを飲むことも、

消化を良くし、ビタミンの吸収を高めるための先人の知恵と言えます。

 

注意が必要なのは、生野菜や果物の酵素は、

すり下ろした後は空気に触れると酸化しやすく、

ビタミンや酵素が失われるスピードが速くなります。

 

食べる直前にすり下ろすようにしてください。

 

 

酵素を強化する「お酢」

 

酵素食」にぜひとも取り入れていただきたいのが「お酢」です。

 

お酢は単独でも、カルシウムの吸収を高めたり、

血圧・血糖値を抑える作用があることが分かっていますが、

食物酵素の働きを活性化する作用もあるのです。

 

つまり、消化を良くしダイエットに直結します。

 

生野菜の酢の物が、古くから日本の食卓にあったのも、

やはり先人達が経験の中から体によいことを

知っていたからに違いありません。

 

イタリアなどでも、「バルサミコ酢」と呼ばれる

ブドウの果汁を熟成させたお酢を、オリーブオイルとともに

生野菜にかけて食べる習慣があります。

 

お酢と生野菜の組み合わせは、世界中で広く健康食として愛されています。

 

 

これまで紹介したように、

 

あなたが普段、食べている野菜や果物、豆などから

ダイエットに効果抜群の酵素を体内で吸収しきれないほど

じゃぶじゃぶ摂取することができます。

 

運動は全くやらず、食事制限なしで

ダイエットしたいのであれば、

 

最低でも、酵素の驚くべきパワーをみっちり実感しながら

ガツガツ摂っていきましょう!

 

そして、夏には

スリムで誰もが羨む、一般大衆の目の保養に役立つ

モデル級のボディを獲得しましょう!

 

今が絶好のチャンスです。